在籍確認が取れない場合の融資

カードローンの審査で在籍確認が取れない場合、融資を受けることは不可能になってしまうのでしょうか。今回はこの件についてわかりやすく解説していきますので、カードローンに関する知識を深めたい人はチェックしてみてください。

 

絶対に否決になるとは限らない

 

たとえば勤務先の特性上、アナタが在籍していることなどの一切の情報を外部に漏らさないような組織もあります。個人情報の保護を厳しくおこなっているところも同様です。

 

その場合、申告は適切にしているのに在籍確認を取ることは不能になってしまいます。

 

申込者に落ち度はないのに在籍確認が取れない場合、100%審査に落ちてしまうのかというとそうではないことも少なくありません。

 

代替措置が取られるケースも

 

電話による在籍確認が取れない場合、その旨が通知された上で別の方法で審査をするケースがあります。直近の給料明細書2ヶ月分や社会保険証、社員証明書や在籍証明書といった具合に、指定された書類の提出をもって可決にいたることもあるのです。

 

在籍証明書のようにすぐに用意できるかどうか微妙な書類もありますので、在籍確認が取れなかったときのためにあらかじめ用意しておくというのもよいでしょう。なお、求められた書類が用意できない場合には、審査で落ちる可能性が高まってしまうのはいうまでもありません。

 

勤務先や自宅の固定電話に連絡がこない業者もアリ

 

在籍確認のための連絡が携帯電話にだけあり、勤務先や自宅に電話をしてこない業者も少なくありません。その場合は勤務先の人や家族が○○はいないなどといってしまって否決となってしまうのを防げます。ただ、携帯電話への連絡だけで済むかどうかは事前に知ることはできませんので、注意が必要です。

 

 

在籍確認が取れない場合の融資については以上ですが、申告が虚偽でないのであれば堂々としましょう。前述したように代替措置を取ってくれるところも少なくありませんので、業者側が在籍確認を取るのが難しい職場に勤務している場合には、事前に相談してみることが大切です。