在籍確認がOKの例

カードローンの利用申し込みをすると、審査の最後に在籍確認をおこなう業者が多くあります。この在籍確認ですが、どういう場合にOKになるのか気になっている人もいるのではないでしょうか。今回は在籍確認のOK例について紹介していますので、参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

 

本人不在のケース

 

申告した勤務先に自分がいない場合でも、在籍確認は取れます。

 

休日でいない、外回りをしているなど、勤務先にいない状況でも、その事実をカードローン会社の担当者が知ることができれば、在籍していることの確認は取れるからです。

 

本人在席のケース

 

勤務先に本人が在席している場合には、電話を取り次いでもらう形になります。これだけで十分としている業者もありますが、中には本人確認のために住所や生年月日などを質問してくるところもあります。

 

本人確認は質問事項に答え、カードローン利用の申込者であるとわかれば完了しますし、質問されるのは前述したような住所などの情報だけですので、大した時間も取られません。

 

家庭の固定電話のケース

 

申込者本人が申告している電話番号に嘘偽りはないか、間違いはないか、本当に住んでいるのかを確認するために電話連絡がくる形になります。在宅中でなくても、だれか別の家族が電話に出て外出しているなどと返答が得られれば、在席確認は完了としている業者が多いです。

 

また、本人が電話に出た場合には、氏名や住所、生面月日などといった情報を質問に答える形で話し、本人確認が取られる形になるのが一般的です。

 

携帯電話のケース

 

○○様(申込者)の携帯電話番号で間違いはないですか?などと聞かれることもありますが、ほかには基本的に氏名や住所といった基本情報が質問されるだけです。本人と繋がる携帯電話であること、そして本人確認が取れれば完了としているところがほとんどです。

 

 

さまざまなパターンがありますが、業者の担当者が勤務先や自宅に来るようなことはないので安心しましょう。また、電話でもカードローン会社の人間であるとは名乗りませんので、申し込みをしたことが周りに知られる心配は基本的にありません。