在籍確認がNGの例

勤務先や自宅、携帯電話といった具合に、カードローンの利用申請をした際に申告した仕事場や家などの連絡先に、本人が本当にいるかどうか調査するための在席確認が、カードローンの業者によっておこなわれます。

 

その結果、在席確認が取れないこともあるのですが、一体どういうケースがあるのでしょうか。ここでは在席確認のNG例と対処法を解説しますので、審査で落ちたくないという人はぜひチェックしてください。

 

在籍していないといわれてしまう

 

虚偽の申告をしていた場合は当然のこと、正しく申告していても勤務先の人が不審に感じ、在籍していないといってしまうことがあります。

 

また、勤務先によっては個人情報保護の観点から、スタッフが在籍しているかどうかの質問に一切応じないとしているところ、私用の電話を取り次がないところもあるのです。在籍確認が取れない場合、ほかの方法で確認を取るか、審査が否決に終わってしまう形になります。

 

在籍していないといわれないための対策

 

カードローンを利用することをほかの人に知らせるのは抵抗があるでしょうが、クレジットカードであればそれがただちに借金を意味するわけではないので、職場の人にクレジットカード会社から連絡が来ると伝えておいて取り次いでもらえるようにしましょう。

 

なお、勤務先の都合上取り次ぎが難しい場合には、そのことを業者に相談してみることをおすすめします。代替案が示される可能性があるため、在籍確認が取れないからといってただちに審査で落ちてしまうことの防止になるでしょう。

 

スムーズな在籍確認のために

 

カードローン業者が連絡をするタイミングによっては、勤務先が定休日でだれもいないということもあり得ます。確認が取れないと手続きがストップしてしまいますので、あらかじめ休日があれば業者側に知らせておきましょう。

 

 

在籍確認のNG例や対策方法を挙げましたが、問題なく確認が取れないような要素が一つでもあるならそれを業者に伝えることが大切です。伝えていなければ在籍確認NGとなっていたことでも、伝えることにより別の方法が選択されて、審査通過となる可能性が高まります。