在籍確認の内容を解説

カードローンの審査の最終段階でおこなわれる在籍確認ですが、どのようなことをするのか気になっている人もいるのではないでしょうか。ここでは在籍確認で聞かれることなどを説明しますので、今後カードローンを利用する予定のある人は目を通しておいてください。

 

勤務先に自分がいないケース

 

窓口でカードローンの利用申請をした場合など、実際の在籍確認では勤務先に自分がいないケースが多いです。自分がいないと確認が取れないのではないかと思う人もいるでしょうが、カードローン会社としては在籍しているかどうかの確認だけ取れればいいのです。

 

たとえば休みでいない、席を外している、外出中という返答が勤務先の人から得られれば、そこで本当に仕事をしていることがわかりますので、これで在籍確認は完了となります。

 

なお、電話連絡の際にはカードローン会社であることを名乗らず、個人名などで電話がくることになりますので、融資を受けることが勤務先の人に知られる心配は基本的にありません。

 

勤務先に自分がいるケース

 

カードローン会社から勤務先に連絡があり、自分がいる場合は電話に出る事になります。氏名、住所、生年月日といった簡単な質問事項に答えて、本人確認ができれば在籍確認は完了です。

 

自宅の固定電話や携帯電話に連絡がくるケース

 

勤務先に自分がいるケースと同様に、本人確認のための質問事項に答えていくだけで在籍確認は終わります。固定電話に自分以外の家族が出た場合には、勤務先に自分がいないケースと同様に、カードローン会社である事は名乗られませんので、基本的にバレる心配はありません。

 

カードローン申し込み時の在籍確認の内容は以上となりますが、2〜3分程度で済みますし、電話がきたことだけでカードローンを利用すると知られることはありませんので安心しましょう。

 

なお、在籍確認が取れれば虚偽の申告をしてもいいということにはなりませんし、不正は絶対にしてはいけません。