在籍確認は回避可能?

カードローンの利用申し込みをするにあたり、少しでも勤務先の人や家族に知られてしまう可能性があるのならば、在籍確認などしてほしくないと思う人は多いでしょう。

 

とくに内緒で利用したいと思っている人から在籍確認は嫌われる傾向がありますが、避けることは可能なのでしょうか。

 

在籍確認は避けられる?

 

在籍確認をおこなうとしているカードローン会社の場合、申込者の側でお願いしたところで、在籍確認を回避するのは基本的に不可能です。

 

やむを得ない事情で在籍確認が取れなければ、代替措置である書面による証明が求められることはありますが、そうでない場合を除いて在籍確認自体を拒否することはできません。

 

どうしても嫌だという方は在籍確認なしのカードローンを利用しましょう。

 

在籍確認を拒むとどうなる?

 

勤務先や自宅への電話連絡をしないでほしいと頑なになっていると、在籍確認をしているところだと手続きが中断してしまい、審査で不利になってしまう可能性があります。

 

仕事をしていないのに虚偽の申告をしているのではないか、生活してもいないところの連絡先を申告していないか疑われてしまいかねません。また、そのまま審査が否決となり、カードローンの契約にいたらないこともありますので注意が必要です。

 

在籍確認の不都合

 

個人名で電話がくるとはいっても、勤務先に私用の連絡がくるのはあり得ず、職場の人にバレる心配がある。また、男性の妻帯者宅に女性が個人名で電話してくることにより、不倫を疑われてしまうといった不都合が考えられます。

 

カードローン会社では電話連絡時の名乗り方、連絡の日時、男女のどちらに連絡させるかといった希望に応じてくれるケースもあります。

 

基本的に拒否できないことがわかったけれど、在籍確認で思わぬ不利益を被りたくないという人は、こういった点にも目を向けて、事前に業者に相談してみるとよいでしょう。

 

 

以上のように、原則として在籍確認は避けてとおることはできません。

 

また、虚偽の申告のために偽装会社を利用する人もいますが、詐欺罪で捕まってしまうことにもなりかねませんので、絶対に使ってはいけません。