在籍確認以外でバレるケース

カードローンの利用に際し、だれにもバレたくないという人は、在籍確認以外でもバレる可能性があることを理解しておかなくてはいけません。どのような場合にバレるリスクがあるのかを解説していきますので、人に秘密でカードローンを利用したい人はチェックしてみてください。

 

郵便物でバレる

 

カードローンを利用する場合、契約書類やカード、利用明細のように、自宅に郵便物が届けられることがあります。銀行のカードローンの場合は銀行名が封筒に記されている場合もありますが、カードローンの利用とわかるような記載はありません。

 

また、銀行のカードローンでなくとも、サービスセンターや事務センターといった具合に、カードローンのことがひと目みてわかるような記載はされていないのです。

 

しかも親展など本人以外に開けないでほしいというニュアンスの記載がありますので、勝手に中身を開けられることもないでしょう。しかしながら、家族の別の人が封筒をみた場合、見慣れない封筒に中身が気になり、追求されてしまうことがあります。

 

その結果、言い逃れをすることができずにバレてしまう可能性があるのです。

 

返済遅延でバレる

 

カードローンの利用開始後は借りたお金を返済していくことになりますが、遅れを生じさせた場合には職場の人や家族に知られてしまう可能性があります。

 

返済を催促する電話がかかってきたり、ハガキが送られてきたりするほか、それでも返済がない場合には督促状が送付されることになります。

 

返済遅延は職場の人や家族にバレるリスクがあるだけでなく、個人信用情報機関に事故情報が一定期間保存されたり、遅延損害金が発生したりと、よいことは何ひとつありません。

 

 

在籍確認でバレなかったとホッとしていたのも束の間、後日送られてきた郵便物でバレてしまった、返済が滞った結果バレてしまったというケースは少なくありません。絶対にバレたくない人は郵便物の対策もおこない、返済の遅延は絶対に生じさせないことが大切です。