カードローンの在籍確認とは?

在籍確認は在社確認、本人確認と呼ばれることもあり、在確という略称が用いられることもあります。この在籍確認がどういったものなのか解説しますので、カードローンの利用を検討している人はチェックしてみてください。

 

在籍確認とは何か

 

カードローンの利用申し込みをするにあたっては、勤務先がどこなのかを申込用紙に書き込んだり、申込フォームに入力したりしますが、在籍確認はこれが真実であるかどうか調べるためにおこなわれる信用調査です。

 

カードローン業者の担当者が勤務先に電話連絡をし、申込者が本当に在籍しているのかどうかを確かめます。申込者本人が電話に出て、氏名や住所、電話番号、誕生年月日などの質問事項に回答し、本人確認が取れれば在籍確認は完了となります。

 

なお、いまは必ずしも本人が電話に出る必要がなく、勤務先に在籍していることがわかれば在籍確認は取れたことにするという業者が多くなっています。

 

勤務先以外に連絡がくるケース

 

業者によって異なりますが、勤務先とは別に自宅の固定電話や携帯電話に連絡してくるところもあります。これも住所を偽っていないか、必ず連絡が取れる手段を本当にもっているのかの確認を目的に電話がくることになるのです。

 

業者名を名乗られる?

 

確実に自分で電話に出ることのできない状況で、なおかつ職場の人や家族に知られたくない場合、業者にカードローンの会社であることを名乗られると困るという人もいるでしょう。

 

この点に関しては100%とはいいきれませんが、ほとんどの業者は在籍確認時にカードローン会社を名乗ることはありません。個人名などで電話連絡がくることになる場合が多いため、在籍確認でカードローンの利用がバレることはまずないでしょう。

 

 

在籍確認は審査の最終段階でおこなわれるため、確認が取れればほぼカードローンの利用は可能となります。あとは契約を締結し、指定口座への入金をしてもらい、カードを発行してもらう形になるでしょう。