郵送バレの防止方法

申込書類、契約書類、ローンカード、利用明細書といった郵送物により、カードローンの利用がバレてしまうことがあります。また、カードローンの返済が滞った場合にも、催促の連絡や督促状などにより、知られてしまうことがあるのです。

 

これらが原因でバレないための対策を紹介しますので、カードローンの利用を人に知られたくない人は参考情報としてお役立てください。

 

申込書類・契約書類・ローンカードの郵送バレ防止法

 

自宅以外の場所に郵送してもらうことは不可能なのですが、店頭窓口や自動契約機で手続きをすれば、その場で発行されるため自宅に届くことがなくなります。

 

店頭窓口や自動契約機まで足を運ぶ必要があるため時間と手間はかかるものの、自宅に郵送されたことがきっかけとなり家族にバレる心配がありません。

 

利用明細書の郵送バレ防止法

 

借入や返済をおこなうと利用明細書が自宅に送付される場合が多いです。利用明細書の確認がウェブサイトでおこなえるところを選択すると、郵送バレを防止することが可能です。

 

返済遅延でバレないための対策

 

まず、返済が遅れたことで催促のハガキが届いたり、督促状が送られてきたりするのは、かなりひどいケースです。通常は携帯電話に連絡がある程度で、そのあと返済すれば遅延損害金は取られるものの、書類が送られてくることはないでしょう。

 

どうしても返済が遅れてしまうことが避けられず、書類の送付を避けたい場合には、事前にカードローン業者に相談することが大切です。必ずというわけではありませんが、利息だけの支払いにしてくれるなど、返済しやすい案がカードローン会社から提示されることになります。

 

利息のみの支払いでは元金は減りませんが、書類が送付されてバレてしまうことは避けられるでしょう。

 

 

郵送バレの防止方法については以上となりますが、絶対にバレたくない人は候補の業者に対し、どういった郵送物が送られてくるのか事前に確認しておいたほうがいいでしょう。

 

また、それを避けるための手段がないか確認しておくと、思わぬタイミングで家族などにバレてしまうことの防止になります。