カードローン申込に必要な書類

銀行カードローンを申し込むにあたって、提出が求められる書類は複数あります。

 

書類に不備があると申し込みは受理されませんので、事前に確認して全て揃っている状態で利用の申請をおこないましょう。それでは早速用意すべき書類を紹介していきますので、利用の予定がある人は一読してみてください。

 

■本人確認書類

 

身分証明書ともいいますが、申し込みをした人が本人かどうかを確認するために提出が求められます。該当する書類としては運転免許証、パスポート、健康保険証、印鑑証明書、住民基本台帳カード、住民票といったものが挙げられます。

 

これらの書類は原本でないといけないのか疑問に感じている人もいるでしょうが、写しで構いませんので覚えておくとよいでしょう。

 

なお、これらの書類をもっていない場合、ほかの書類で本人確認が可能かどうかは金融機関のホームページでチェックするか、問い合わせをおこなってください。

 

■外国人の場合

 

外国人の申し込みも銀行カードローンは受け付けています。

 

その場合にもやはり本人確認書類の提出は求められますが、外国人登録証明書、特別永住者証明書、在留カードといったものが身分証明書として有効です。

 

■収入証明書類

 

銀行カードローンは総量規制の対象外であり、さらに貸金業者でないため年収確認が義務化されていませんが、一定額以上の利用になる場合には収入証明書類を求める金融機関が意外と少なくありません。

 

100万円を超える場合、200万円を超える場合など、どのぐらいの金額から収入証明書が必要になるかは違いますし、完全に不要としているところもありますが、事前の確認が必要です。

 

なお、収入証明書類として有効なものは、給与所得者の場合は源泉徴収票や所得証明書、自営業の場合は納税証明書、住民税決定通知書、課税証明書、確定申告書ですので、覚えておくとよいでしょう。

 

■主婦や主夫の場合

 

銀行カードローンの中には主夫や主婦が申し込めるものもあります。
その場合、配偶者の同意と配偶者の収入証明書類が求められますので、用意した上で申し込みをおこないましょう。

 

 

申し込み時の必要書類に関しては以上となりますが、あまり多くの書類を用意しなければいけないわけではないということがおわかりいただけたのではないでしょうか。中には役所で取得するような書類もありますので、日にちに余裕をもって準備しておくと、いざ申し込みをするというときになってバタバタすることを防げるでしょう。