銀行カードローンと収入証明書

銀行が取り扱っているカードローンのことを銀行カードローンと呼びますが、収入証明書類の提出が必要か否か気になっている人もいるのではないでしょうか。

 

ここでは、銀行カードローンを利用するにあたっての収入証明書類提出は必要か否か、またその理由としてはどういうことが挙げられるのか、そして注意点を解説していきます。

 

銀行カードローンは収入証明書類を提出しなくてはいけないの?

 

この問いに対する回答ですが、基本的に必要はありません。

 

収入証明書類は取得が面倒な場合がありますので、この回答を受けてそれなら利用してみたいと思う人は少なくないでしょう。

 

どうして提出しなくてもいいの?

 

改正化資金業法で一定の条件を満たす場合に年収確認が義務化されているのは、消費者金融やクレジットカード会社といった貸金業者のみです。

 

この法律の対象自体も貸金業者だけですので、貸金業者ではない銀行系の業者は収入証明書類による年収確認は義務化されていません。

 

このことから、銀行カードローンは収入証明書類を提出しなくてもいいのです。

 

基本的に不要という点に要注意!

 

銀行カードローンは貸金業者の商品ではないため、収入証明書類の提出は法律で義務化されているわけではありません。そのため、基本的に収入証明書類を用意しなくてもいいところが少なくありませんが、例外がある点に気をつける必要があります。

 

金融機関によって一定の金額以上の契約になる場合には、収入証明書類の提出を求めているところが多くあるのです。

 

 

以上のことから、銀行カードローンは原則として収入証明書類の提出は不要なものの、高額の契約になる場合には必要になるケースが多いということができます。

 

したがって、銀行カードローンを申し込むにあたっては、収入証明書類の提出が必要か否かだけでなく、条件付きで必要になる場合にはいくら利用する場合に提出しなければいけなくなるのか、事前に確認するようにしましょう。