職場や家庭でバレるリスクはある?

在籍確認がおこなわれたことによって、職場の人や家族にカードローンに申し込んだことが知られてしまう可能性はあるのでしょうか。ここでは基本的なリスクの有無、バレるケースについて取り上げていきますので、心配な人は一読してみてください。

 

職場・家族バレのリスク

 

カードローンの在籍確認では勤務先や自宅に連絡がくるのが一般的ですが、基本的に職場の人や家族にバレる心配はありません。

 

というのも、カードローン業者は担当者名のみを名乗り、社名までは名乗らないからです。

 

また、社名を名乗る場合もありますが、虚偽ではないもののカードローン会社とはわからないように配慮してくれます。それから、カードローン申し込みの在籍確認のために電話をしたなどと、電話に出た人に担当者が話すことはありません。

 

なお、全ての業者に当てはまるわけではないため、事前に在籍確認で会社名を名乗るなどバレるようなことがされないか確かめておくことが大切です。

 

電話に出たときにバレるリスク

 

仮にほかの人が電話に出たとしても、カードローンの会社名を名乗ったり、審査のためであったりといったことは話されませんが、電話に出たときにバレてしまう可能性はあります。

 

全ての業者ではないものの、本人確認のために氏名や住所などの質問がされる場合が多いのです。この受け答えで在籍確認の知識がある人だと、もしかしたら借金の申し込みかもしれないと思われる可能性があります。

 

また、家に電話がきた場合も本人確認がおこなわれることが多いため、家族が近くで受け答えを聞いていた場合、毅然としていないと怪しいと思われる可能性があるのです。

 

こうしたパターンでバレたくない人は、職場の人にはクレジットカードの申し込みをした、家族には保険契約に関する連絡があるなど、上手いいいわけを考えておく必要があるでしょう。

 

 

以上のように、電話がきただけで職場の人や家族にバレることはありませんが、電話で応対したときにバレる可能性があります。

 

上述した対策を参考に、バレたくない人は実践してみるとよいでしょう。