収入証明書って何?収入証明なしじゃダメ?

★収入証明不要でお金を借りるなら

 

カードローン、キャッシング、クレジットカードといったものの申し込みをするにあたり、必要書類として収入証明書類の提出が求められることがあります。この収入証明がいったい何なのか、疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。

 

 

「収入証明書類とは?」と思っている人のため、わかりやすく解説していきます。

 

収入証明書類とは何か

 

収入証明書は、キャッシングやカードローンの申し込みをおこない、契約を交わす人の年収額を証明できる書類のことをいいます。

 

以前は必ずしも提出が必要なわけではありませんでしたが、貸金業法の改正がおこなわれたことにより、2010年6月に本法が完全施行されて以降、「一定の条件」を満たす人に関しては「貸金業者」による申し込み者に対する年収確認が義務化されました。

 

収入証明が必要な一定の条件って何?

 

カードローンなどの契約を交わすにあたり、必ず貸金業者が年収確認をする必要はありません。

 

「一定の条件」を満たした場合に収入証明書類が必要になってくるのですが、これはカードローンの新規申し込みをする際に利用額が50万円を超過するケースと、新たに申し込むところと、別のところの利用額が合計100万円を超過するケースです。

 

収入証明と総量規制との関係

 

貸金業法の改正で総量規制がかかるようになりましたので、貸金業法の対象になる業者から借入をすることが可能なのは年収の3分の1までとなっています。

 

収入証明書類の提出が必要になる50万円超や100万円超の利用で年収の3分の1をオーバーする場合には、借入をおこなうことはできません。(※銀行カードローンなら借り入れ可能)

 

収入証明書類として使用可能なものは何?

 

・源泉徴収票(最新のもの)
・給与支払明細書(直近2ヶ月のもの)
・特別徴収税額の通知書(最新のもの)
・課税(所得)証明書(前年度のもの)
・確定申告書(最新のもの)

 

といったものが収入証明書類として使用可能です。

 

源泉徴収票はお勤めの人は年金を受給している人、給与支払明細書、特別徴収税額の通知書はお勤めの人、課税(所得)証明書、確定申告書はお勤めの人、法人役員の人、自営業の人が使える収入証明書類です。

 

なお、収入証明書類は原本を提出する必要はなく、「コピー」の提出で構いません。
もしカードローンで収入証明書類が必要になった場合は上記の書類を用意する必要があります。

 

面倒だから収入証明不要で借りたい!

 

しかし用意するのが面倒な書類ばかりですよね?

 

できる事なら収入証明不要で本人確認書類だけでお金を借りたいとい方がほとんどだと思いますので、以下の表で各社がいくらまでだったら収入証明不要で借りる事ができるのかまとめましたので、参考にしてみてください。

 

各社の設定額がありますので、それ以上の金額にならないように希望額を記入して申し込みをすれば収入証明不要で借りる事ができます。

 

収入証明不要カードローン一覧

収入証明不要の銀行カードローン
会社名 限度額 年率 収入証明
楽天銀行カードローン 10〜800万円 1.9%〜14.5% 300万以下不要
三菱東京UFJ銀行カードローン 10〜500万円 1.8%〜14.6% 100万以下不要
新生銀行カードローン レイク 1〜500万円 4.5%〜18.0% 100万以下不要
セブン銀行カードローン 10〜50万円 15% 不要

 

上記のように銀行カードローンは規制の対象外なので収入証明が必要になる金額が各社によって独自に決められています。基本的に100万円以下なら不要なので本人確認書類だけで借りる事ができるようになっています。

 

収入証明不要のキャッシング
会社名 限度額 年率 収入証明
アコム 1〜800万円 3.0%〜18.0% 50万以下不要
プロミス 1〜500万円 4.5%〜17.8% 50万以下不要
モビット 1〜800万円 3.0%〜18.0% 50万以下不要
ノーローン 1〜300万円 4.9%〜18.0% 50万以下不要

 

上記のように消費者金融(キャッシング)は規制の対象なので収入証明が必要になる金額は全て50万円に設定されています。高額融資をうけたい場合は収入証明書類が必要になってきてしまうので、高額借りる場合は銀行カードローンを選ぶのが得策です。

 

収入証明書が必要なケース・事例

収入証明書類の提出がどういう場合に必要になるのか知りたい、そんなことも知らないのかといわれるのが嫌でだれにも恥ずかしくて聞けないという人もいるでしょう。

 

今回はそのような人のために、収入証明書を提出しなければいけないケースについて説明しますので、参考情報としてお役立ていただけると幸いです。(※三菱東京UFJ銀行カードローンの例)

 

他社の利用なしで新規に借りる場合

 

別のキャッシングやカードローンなどの借金をしている業者がなく、新たに三菱東京UFJ銀行カードローンで契約をする人が「100万円」を超える申し込みをした場合には収入証明書類の提出が求められます。

 

提出が求められている場合、用意しなければ契約を交わすことができませんので、あらかじめこの金額を超えるのがわかっている場合には、申し込みの前に準備しておくとよいでしょう。

 

他社の利用ありで新規に借りる場合

 

ほかの業者との取引があり、残りの借金を完済していない場合で、新たに三菱東京UFJ銀行カードローンに申し込む際、利用額と他社借入残高の合計が100万円を超える場合には、収入証明書類の提出が必要になります。

 

たとえば、A社の借金が60万円あり、新たに三菱東京UFJ銀行カードローンで50万円の契約を交わすような場合には、合計が110万円となり100万円を超えていますので、収入証明書を提出しなくてはいけません。

 

収入証明書類の提出後○年が経過しているケース

 

一度収入証明書類を出した人も、改めて提出が求められる場合があります。

 

既に収入証明書類を出していた人も、提出後3年以上の期間が経っているケースだと、収入証明書類を提出して年収を証明しなくてはいけません。

 

収入証明の提出方法

 

業者により異なりますが、収入証明書類の画像を撮影して送信する方法、店頭や無人契約機にもっていく方法、FAXや郵便で送る方法などがあります。あらかじめどのような提出方法があるのかをチェックし、確実に提出できる方法があるかどうかを確認しましょう。

 

収入証明書類の提出が必要なケースに関しては以上です。提出を拒否すれば契約を交わせなくなりますので、求められた場合にはしっかり提出しましょう。

 

>>収入証明不要カードローンの一覧はココ

収入証明書が不要なケース・事例

カードローンなどの契約を交わすことになっても、収入証明書類の提出が求められないケースもあります。

 

どういう場合に用意する必要がないのかを解説しますので、収入証明書の提出に関する知識を深めるための一助となれば幸いです。

 

こちらも三菱東京UFJ銀行カードローンを例にして解説しています。

 

他社の利用なしで新規に借りる場合

 

1社とも現状で契約を交わしておらず、新たに利用の申し込みをするにあたり金額が100万円を超える場合には、収入証明書類の提出が求められます。しかしながら、この金額を超えない場合には収入証明書類の提出を求められることはありません。

 

つまり三菱東京UFJ銀行カードローンであれば101万以上なら必要ですが、100万円以下の申し込みなら不要という事になります。

 

他社の利用ありで新規に借りる場合

 

別の業者との契約がある状態で、新しく契約するところと合算した利用金額が100万円を超える場合、収入書類を提出しなくてはいけません。逆にこの金額(100万円)を超えない場合には、収入証明書を提出することは求められないのです。

 

貸金業者に該当しない場合

 

これまでは収入証明書類の提出が必ずしも求められるわけではなかったのですが、2010年6月に完全施行となった改正化資金行法により、一定の条件を満たす場合、年収確認のための収入証明書類のコピーを提出が必要になりました。

 

ただ、これは貸金業法の対象となる貸金業者を利用する場合の話であり、消費者金融やクレジットカード会社といった業者は貸金業者ですが、対象になっていないところを利用する場合には、収入証明書類の提出が必ずしも求められるわけではありません。

 

 

収入証明書類の提出が必要ないケースに関しては以上となりますが、しっかりと把握しておいて提出する必要がないのに用意してしまうという無駄を防止しましょう。

 

逆に必要なのに不要と思い込んで用意しなかった場合、提出するまで手続きがストップしてしまいますので、新しくカードローンなどの利用を申し込むにあたっては、収入証明書類の提出が必要か否かあらかじめ確認しておくことが大切です。

 

>>収入証明不要カードローンの一覧はココ